ドダウリ村のキルト

ネパールのドダウリ村キルト作りをのんびり楽しくご紹介します

2018.12キルト教室2

f:id:doudaurikilt:20190201232814j:plain

f:id:doudaurikilt:20190201232857j:plain

f:id:doudaurikilt:20190201232907j:plain

 

手で縫いつないだり、ミシンで縫いつなげたり

してできたピースワーク。

いつもと違う風に並べてみたり、

単調なカタチをくずしたり、

大胆にカットしてみたり、、、

吉川さんがヒントを与えて、みんなが

自分で考えて作ってみるという試み。

Think ! Think !

Creative Quilts !

さて、どんなキルトにできあがるかな〜???

 

f:id:doudaurikilt:20190201232923j:plain

 

Think ! Think !

New Quilts !

キルターさんたち、ちょっと悩みながらも

ワクワク楽しそう!

 

f:id:doudaurikilt:20190201232943j:plain

f:id:doudaurikilt:20190201232931j:plain

f:id:doudaurikilt:20190201232842j:plain

 

2018.12 キルト教室

f:id:doudaurikilt:20190201231105j:plain

f:id:doudaurikilt:20190201231113j:plain


2013年4月以来、約5年半ぶりの

吉川さんのキルトづくりの直接指導です。

ドダウリキルトは、2013年春に吉川さんが

考案した1枚布のシルエットアップリケを

配したデザインが特徴です。

5年間オーダーを請けて何枚も作り続ける中で、

キルターさんたちの技術も進歩し、作りやすい

方法を編み出したり、きれいに早く作れるように

なってきたりしました。(すばらし〜!)

でも、それと同時にちょっとパターン化してきて

いるところもあり、出来上がってくるキルトが

どれも似ていて、全体的に見ると単調になってきて

いるなということも感じていました。

それと、吉川さんがつねに気にされているのは

キルトづくりでたくさん出るハギレの活用。

もともと、キルトとはハギレをつないで作るもの、

ハギレをちゃんと使っているか、捨てていないか、

これがいちばん大事なこと。

5年半の間に、キルターさんたちも入れ替わり、

今回初めて吉川さんに会う人もいます。

少し緊張しながらも、真剣に吉川さんの話を聞く

キルターさんたち。通訳もいないけど、片言の

英語やネパール語、ときどき日本語のチャンポン

でも、伝わるのがおもしろいです。

この久しぶりの吉川さんのドダウリ訪問で、

キルターさんたちの中に、少しでも新しい風が

吹くといいな という今回の教室です。

f:id:doudaurikilt:20190201231149j:plain

f:id:doudaurikilt:20190201231200j:plain

 

2018.12ネパールへ2

2018.12.23 ネパール3日目 朝7:15

カトマンズから、いつもの長距離タクシー

メックさんの運転で出発。

(またまた新しい車になっていた!)

f:id:doudaurikilt:20190125003145j:plain

f:id:doudaurikilt:20190125003157j:plain

ネパールは山の国

盆地になってるカトマンズから、雪山はないけど

東南方面にたくさんの山を抜けていきます。

「トンネルあったら早いのにね〜」

「山の神さまがいるので難しい」

「ネパール シンドゥリ」でGoogleマップ検索すると

ストリートビューで見ることができましたよ。

時代ですね〜(^^)

山地帯を抜けるとインドに続く平原地帯。

広い土色の景色は雨期には全部川になるところ。

今回行ったときは乾期で橋を作り中でした。

「今度は流されない橋がかかるといいね」

「でも橋がかかるとなんか楽しくないね」

みなで勝手なことを言いながらもうすぐ到着。

道がよくなり、ずいぶんと早く来れるようになった。

ドダウリ村着 午後3:15

8時間で到着!!

「ナマステ〜」

f:id:doudaurikilt:20190125003325j:plain

f:id:doudaurikilt:20190125003351j:plain

f:id:doudaurikilt:20190125003520j:plain

 

ネパール滞在4日目 12月24日

カトマンズではホテルのロビーや、観光客の多い

タメル地区では、クリスマスの飾りを見ましたが、

ヒンズー教徒が大半のドダウリ村では普通の日。

早朝、毎日、村中に響き渡るような大音量で

何か音楽がなっていたけれど、

冬の朝は7時頃まで薄暗く、霧が濃く、

かなり肌寒いので、なかなか起きられない。

7:30 軽食(ゆで卵、ミルクコーヒー)

ネパールの飲み物といえば、

チャー(ミルクティー)だったけど、

今はコーヒーが流行っているらしい。

コーヒーはたぶんネスカフェ

泊まっている部屋から見える景色。

(ドダウリ村中心部は今、建築ラッシュらしい)

吉川さんと葛西さんと、今回のキルトづくりの進め方

などを話し合う。

f:id:doudaurikilt:20190125003615j:plain

f:id:doudaurikilt:20190125003730j:plain

10:30 朝昼兼の食事

ダルバート(ネパールカレー)

アサさん手作りのダルバートは美味!

食べている窓の向こうから、キルターさんたちが

キルト部屋にやってくるのがみえる。

「ナマステ〜」

さて今日から3日間、食事は毎回ダルバート

キルト教室スタートです。

f:id:doudaurikilt:20190125003832j:plain

f:id:doudaurikilt:20190125003801j:plain

 

カオハガンキルト展

[おしらせ] 

1/24〜30 東京ドームで開催される

「第18回 東京国際キルトフェスティバル

 〜布と針と糸の祭典〜」

「フィリピンのカオハガンキルト」のブースにて

今回のネパール行きで、吉川順子さんが持ち帰られた

「ドダウリキルト」を販売をしていただきます。

吉川さんありがとうございます!!

日本一の規模のキルトの祭典だそうで、全国から

キルト好きが集まるそうです。

ご興味ある方はぜひ!!

https://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/

 

[おしらせ]

1/27(日)〜30(水) 東京・銀座

ギャラリー・ラー

ドームでのキルトフェスティバル開催期間中に、

銀座1丁目のレトロなビルのギャラリーでも

「カオハガンキルト展」があるそうです。

こちらでも「ドダウリキルト」が少し並ぶはず♪

1/27(日)〜30(水)

11:00〜19:00(最終日16:00)

「カオハガンキルト展

 〜南の島の小さな奇跡〜」

ギャラリー・ラー

中央区銀座1-9-8

奥野ビル601号室

https://salondela.com

関東方面のみなさまぜひ〜。

f:id:doudaurikilt:20190120011340j:plain

f:id:doudaurikilt:20190120011345j:plain

「カオハガンキルト」吉川 順子 著

昨年刊行された吉川さんの本、ドダウリキルトのページも!!
文章・写真ともとても素敵な本です。

グラフィック社

2018.12ネパールへ.1

f:id:doudaurikilt:20190120005106j:plain

f:id:doudaurikilt:20190120005113j:plain


今回ネパールには中国広州経由で約8〜9時間。

12月21日 昼12時 関西空港発。

12月21日 深夜 カトマンズ着。

日本との時差は3時間15分。

国際空港のある首都カトマンズでのホテルは

今回は「ホテル ホーリーヒマラヤ」

日本語は通じませんが、きれいな居心地の

いいホテルでした。

今回はTIFAの葛西さんと、ドダウリ村の女性に

キルトづくりの種をまいた吉川順子さんと

ご一緒しました。

おふたりとも朝からモリモリ。

わたしが白湯を飲んでいる横で、ふたりは冷たい

オレンジジュース、とてもパワフルなおふたり。

ホテルのレストランはすてきな感じ。

洋食バイキングもおいしかったです。

カトマンズには2泊して

ドダウリ村には翌日出発します。

 

f:id:doudaurikilt:20190120005306j:plain

f:id:doudaurikilt:20190120005328j:plain


カトマンズでは、葛西さんのお友達のミヌーさんの

おうちにおじゃましました。

ミヌーさんは「ネワール族」という

カトマンズカトマンズ近郊に多い民族だそうで、

ネパールのカースト制度の中でも高いカースト

民族なのだそうです。

日本人にカースト制度はいまいちピンとこない

けども、ネパール人同士のつきあいではまだ

根強くあるようです。

その中でも、ミヌーさんちはとてもエリートな

一族で、日本語もペラペラ、たいへん立派な

おうちに住んでいらっしゃいました。

うかがったときは、ちょうどネワール族のお祭り

とのことで、お祭りのときに作るネワールの伝統

菓子「ヨウマリ」と、ミヌーさんち特製の「モモ」

チベット餃子)をいただきました。

「ヨウマリ」は米粉のおもちの中に

黒砂糖、ココナツ、黒ごま、カルダモンで作った

トロッとしたあんこ的なものが入っているものと、

「クア」という固形の甘いミルク的なものが入った

おもちの2種類。

やさしい味で美味、日本のちまきやおはぎ

みたいなものかな〜

一口サイズの水牛の「モモ」はトマトソースも絶品、

今まで食べたモモの中でベストワン!

ミヌーさんごちそうさまでした。

f:id:doudaurikilt:20190120005736j:plain

 

f:id:doudaurikilt:20190120005838j:plain

 

夜はチベット料理屋さんの鍋「ギャコック」。

これも日本人にはなじみやすい味でおいしく

毎回くるお店「UTSUSE( ウツセ)」

ストローで飲むチベット族のお酒「トゥンバ」も

カルピスみたいで楽しい飲み物。

ああ、食べ物の話ばかり、、、

すいません(^^)

明日からは、ドダウリ村に向います。

 



 

2018.12 ネパールへ

f:id:doudaurikilt:20190119014426j:plain

昨年末(2018年12月後半)ネパールのドダウリ村に

行ってきました。

日本から飛行機で約8時間(今回は中国広州経由)

首都カトマンズから車で約8時間。

今回は5年前(2013年4月)に村の女性たちに、

キルトづくりを教えた吉川順子さんが再訪。

吉川さんのドダウリ村行きは約5年半ぶりのことです。

あれから5年以上たったことにも驚きですが、

キルトづくりが5年以上続けられてきたことに感謝。

TIFAの葛西さんやTOSHIさんのお力をはじめ、

たくさんの方のご協力があります。

キルターさんは当初のメンバーから、だいぶ

メンバーが入れ変わりましたが、吉川さんの

直接指導にみんなヤル気じゅうぶんです。

今回のドダウリ村滞在、キルト教室での指導は3日間。

限られた時間の中でしたが、キルターさんたちの

真剣でイキイキした表情や動きが印象的でした。

今頃で遅いですが、今回のことを少しづつ紹介して

いきたいと思います。

 

f:id:doudaurikilt:20190119014102j:plain

 

ドダウリ村のキルト展 in 奈良2019.2

 

f:id:doudaurikilt:20190113210720j:plain

 

2019年 あけましておめでとうございます。

 

2月、奈良県立図書情報館で「ドダウリ村のキルト展」を
開催させていただきます。

毎週のようにおもしろいイベントが多数くりひろげられて
いる新しくて大きな空間、

 

期間中のイベント(2.9[土]10[日]11[月祝])

「アジアンマーケット」ではおいしいお店やかわいいお店が多数出店、
そこでキルトの販売もさせていただきます。
とても楽しいイベントになりそうです。

 

プレイベント(2.2[土])
「世界でいちばん美しい村」上映会 
「ネパール民族楽器ライブ」も開催

 

お近くの方ぜひいらしてくださいね。

 

 

奈良県立図書情報館 企画展示 

「ドダウリ村のキルト展 」

平成31年2月5日[火]〜3月3日[日]

奈良県奈良市大安寺西1-1000

※会期中2.12[火] 2.18[月]〜2.22[金] 2.25[月] 2.28[木]は休館

 

○期間中イベント

「アジアンマーケット」にて

2.9[土]10[日]11[月祝]

キルト作品の販売を行います。

 

プレイベント(2.2[土])

「世界でいちばん美しい村」上映会 

「ネパール民族楽器ライブ」も開催



 

ドダウリ村のキルト展

http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2871

 

アジアンマーケット

http://www.library.pref.nara.jp/event/2870

 

上映会 世界でいちばん美しい村

http://www.library.pref.nara.jp/event/2872

 

ネパール民族楽器ライブ

http://www.library.pref.nara.jp/event/2873

 

f:id:doudaurikilt:20190113212821j:plain

f:id:doudaurikilt:20190113212907j:plain

 

ひさしぶりのブログ更新となってしまいましたこと
お詫び申しあげます。

ドダウリキルトももうすぐ6年目!!
本年もよろしくお願いいたします。