読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドダウリ村のキルト

ネパールのドダウリ村キルト作りをのんびり楽しくご紹介します

ネパール大地震

 
TIFAホームページよりネパール地震による
ドダウリ村の近況をご報告します。
 

【雨季が迫ってきています!】

今回の大地震および余震では、広範囲にわたり多くの家が倒壊し、
8000人を超える死者が出ています。カトマンズから遠い地方に
おいてはいまだ支援の手が届いていない所もあります。

ネパールでは5月下旬から4か月間、雨期に入ります。
毎日のように雨が降り、家を失った人たちの感染症や肺炎等の病気が
懸念されます。私たちはテント、シート、食料などの支援を行って
おりますが、蚊帳やトタン(場所によりテントは風で飛ばされるため)
などの支援も求められています。

 

■シンズリ郡ドダウリ村

TIFAが20年間ともに活動している現地のNGO・HANDSからの
報告によると、村の中心部にある診療所やトレーニングセンター
キルト制作や縫製の作業所)に大きな被害はなく、スタッフも
無事でした。しかし、山間部では多くの地域で被害があり、本震
で倒壊を免れた家も余震で倒壊していっているとのこと。
人々は屋外での生活を強いられています。

ドタウリ地域の役所とHANDSから、40世帯に対してテント、
食料(米、豆など)、歯磨き粉などを配りました。

また、5月16日にHANDSスタッフがシンドパルチョーク(ネ
パール北東部)に
支援に行き、医薬品や水をきれいにする薬など
を届けました。
現地ではハエが大量に発生しています。

 

とのことです。

ネパール南東部の平原地帯にあるドダウリ村の
中心部は被害はあまりなかったそうですが
山間部のほうの地震被害は大きいようです。
もうすぐ雨期、心配です。

地震後、キルトづくりにこれない人もいるそうですが

こられる人はきて、キルトづくりを続けているとのこと。

国中がたいへんな時期ですが、2年間続けてきたキルト作りが

今後も続けられることを強く願います。

また、TIFAが支援するドダウリ村以外の地域での被害は
より深刻なところがあり、1日も早い救援が必要です。

TIFAネパールプロジェクト
ネパール大地震の緊急支援募金のお願い
http://tifa-toyonaka.org/news/1578

f:id:doudaurikilt:20150512103745j:plain