読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドダウリ村のキルト

ネパールのドダウリ村キルト作りをのんびり楽しくご紹介します

再びドダウリ村へ 3

再びドダウリ村へ

 

シンドゥリマリの「TIFAこどもの家(Happy Girl's Home)」を
出発してドダウリ村まではジープで3時間。

 

f:id:doudaurikilt:20131012232212j:plain

f:id:doudaurikilt:20131012231850j:plain

f:id:doudaurikilt:20131012232355j:plain

どこもかしこも青々と瑞々しい景色。
もうすぐドダウリ村。

 

f:id:doudaurikilt:20131009214954j:plain

ドダウリ村の付近の河。
やはり4月にきたときよりも河に水があります。
雨期が長引くと、この河をジープで渡ることができず
引き返すほかないとのことでしたが...

 

f:id:doudaurikilt:20131013200233j:plain

無事に渡ることができました。

 

そしてまたしばらく行くと... 

 

f:id:doudaurikilt:20131012232452j:plain

ドダウリ村の商店街。
この先の角を曲がって、少し行くと...

 

 ナマステー!
ドダウリ村のキルト教室に再びやってきました。

 

f:id:doudaurikilt:20131013002547j:plain

ミシン部の部長、マンデラさん。

 

f:id:doudaurikilt:20131012233906j:plain

午前10時からはじまるミシン部と
キルト教室にもだんだん人がやってきました。

 

f:id:doudaurikilt:20131012234328j:plain

なますて〜^^
キルト教室のアンビカさんと甥っ子バサンタくん。

 

f:id:doudaurikilt:20131012234127j:plain

キルト教室、ほとんどのみなさんがやめずに続けていました。涙
しかも大作のキルト(110センチ角)を製作中です。

今回、講師のキルト作家・吉川順子さん(カオハガンキルト代表)は
都合が合わず同行されてませんが、4月にドダウリ村で講師を努めて以来、
その後日本に送られてきたキルトのチェックをしては、その都度指示を
送っています。

 

f:id:doudaurikilt:20131012235958j:plain

 「シルエットアップリケの形がわかりづらい」との意見から、
台布に白地を使用し、シルエットを浮き立たせています。

 

f:id:doudaurikilt:20131013000013j:plain

全体的なデザインは、吉川さんのアイデアが元になっていますが、
シルエットのアップリケデザインやピースワークの色合わせ、
布の調達などはキルトリーダーを中心に、教室のみなさんが
各自行っています。

 

また「色の組合わせが少し派手すぎかも...」という意見から
全体的にソフトな色合いに今回は作っていました。
色の組合わせでイメージががらりとかわるのがおもしろいです。

 

f:id:doudaurikilt:20131014005340j:plain

お裁縫初心者だったヒマさん。

 

f:id:doudaurikilt:20131017201639j:plain

もうすぐできあがるよ。ザヌカさん。

 

f:id:doudaurikilt:20131013004455j:plain

今年4月に初めてキルトを作り始めて、まだ半年足らず。
あれから毎日ちくちくしているとはいえ、みなさんここまで
作れるようになっているとは本当に驚きました。

 

f:id:doudaurikilt:20131013020633j:plain

バサンタくんが描いてくれた。^^

 

あしたにつづく...