読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドダウリ村のキルト

ネパールのドダウリ村キルト作りをのんびり楽しくご紹介します

ミシンキルトのクッションカバー

ドダウリ村のキルトづくりスタート

 

f:id:doudaurikilt:20130914205132j:plain

ドダウリ村のキルト教室の部屋のとなりには、もっと前から活動している
ミシン部の女性達の部屋があります。 

 

f:id:doudaurikilt:20130914211154j:plain

キルトを作るさいにも、ふちにバインディングテープを
縫い付けるなどの仕事を協力してもらってます。

 

f:id:doudaurikilt:20130914215029j:plain

これはキルト教室ではじめて作った練習のアップリケ。

 

f:id:doudaurikilt:20130914204201j:plain

キルト講師の吉川さんの指示で、ミシン部のみなさんがアップリケ布と
長方形の布をミシンで縫いあわせて、一枚の布に仕上げてくれました。

 

f:id:doudaurikilt:20130914210656j:plain

いつもはミシンでクッションカバーや小袋などを作っています。

f:id:doudaurikilt:20130914210753j:plain

ミシンはすべて足踏みミシン。
電気がいらないミシン、停電なんか関係なし!  

 

そんなミシン部に、講師の吉川さんがキルト作りのさいに、できてしまう
端切れを使った「ミシンキルトのクッションカバー」を提案しました。

f:id:doudaurikilt:20130914212105j:plain

ミシンでピースワークを作り、中綿と裏布をあわせます。
(プスパさん、なんだか、せくしーしょっと^^)

 

f:id:doudaurikilt:20130914212610j:plain

f:id:doudaurikilt:20130914212534j:plain

キルティングも縫製もすべてミシンで仕上げ、クッション綿を入れる
中袋と上にリボンをつけて出来上がりです。

 

f:id:doudaurikilt:20130914211046j:plain

キルト作りの副産物「ミシンキルトのクッションカバー」

 

f:id:doudaurikilt:20130915065508j:plain

後列左から4人がマンデラさん率いるミシン部のみなさん。

 

f:id:doudaurikilt:20130914214017j:plain

カラフルな色と偶然が生み出すおもしろさ。