読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドダウリ村のキルト

ネパールのドダウリ村キルト作りをのんびり楽しくご紹介します

キルトの材料

 

キルトの材料となる布を探しに、ネパールの布屋さんに行きました。
街にも町にも村にも布屋さんはたくさん見かけました。 

f:id:doudaurikilt:20130407135504j:plain

カトマンズの古い市場の中の寺院の敷地内にある小さな布屋さん。
服にする布、ふとん用の布、ネパールの伝統帽子トピー用の布など...
建物もいい感じでした。

f:id:doudaurikilt:20130407141254j:plain

f:id:doudaurikilt:20130407141429j:plain

 

カトマンズの布屋さん
こちらは新しい街のけっこう大きいお店。
繁盛してるんだろうな、小学生くらいの娘がいてiPadのゲームに夢中でした。

f:id:doudaurikilt:20130408154430j:plain

f:id:doudaurikilt:20130408160555j:plain

美しい柄のコットンがたくさんありました。

  

ネパールにあるかしらと講師の吉川さんがいちばん心配していたもの。

f:id:doudaurikilt:20130408150349j:plain

キルト芯となる綿のロール、カトマンズで無事手に入りました。

 

通りがかりの町の布屋さん。

f:id:doudaurikilt:20130409153607j:plain

たいがいの布屋さんのとなりには、仕立て屋さんがありました。
お店の場合もあるけど、こんなふうな路上ミシンやさんも多く
人々は好きな布を買って、好きなデザインで服を作ってもらうらしい。 

 

ドダウリ村の布屋さん。
この店のほかにも数軒ありましたが、滞在中いちばんお世話になったお店。

f:id:doudaurikilt:20130430151336j:plain

店主もお客さんも入り口でくつをぬいであがります。

 

f:id:doudaurikilt:20130428204015j:plain

 村にはこんなすてきな仕立て屋さんも...

 

ネパールのたいがいの布屋さんはとてもカラフル。
地味な感じの色合いの布屋さんがあるなと思ったら、男性のスーツや
ワイシャツ専門の布屋さんでした。

ナチュラルな色の布とかリネンとか、最近の日本人が好きな感じの自然
素材系布?はほとんど見当たりませんでした。
どちらかというと、キルトには不向きそうな化繊のキンキラキンの布が
あふれかえっている店が多かったです。

ネパールのコットンは洗濯すると20%は色が流れると店の人が言っていた
から洗濯しているうちに、いやでもナチュラル風味になっていくんだろうな。
女の人たちが着ているサリーやクルタ(下がズボンになってる色鮮やかな
民族衣装)などは化繊のものを着ている人も多かったです。
色鮮やかであせないし、しわになりにくいものねえ...

でも
「キルトはなるべくコットン100%で作りたい!」
と講師のキルト作家  吉川さん。

f:id:doudaurikilt:20130415140217j:plain 

 

指ぬきもありました。

f:id:doudaurikilt:20130408163321j:plain

 

おまけ

これはキルト材料にはならないけど
ネパール人男性がかぶっている伝統帽子「トピー」のダカ織り布。
国の花「しゃくなげ」と有名な刀「ククリ」2本のデザイン。

f:id:doudaurikilt:20130502200935j:plain

f:id:doudaurikilt:20130502215413j:plain

あら、カエルにトピー帽、みょうに似合ってます。